スヌーズレンとは

今後、スヌーズレンに関する情報は新サイト「スヌーズレン・ラボ」で公開していくことになりました!
ぜひブックマークなどよろしくお願いいたします!

スヌーズレン(snoezelen)とは

Snuffelen             doezelen                snoezelen
(クンクンとあたりを探索する様子)(うとうとと気持ちのいい様子)

この2つを掛け合わせた造語で、もとは1970年代にオランダで重い知的障害がある人の余暇活動として始まりました。光・音・匂い・振動・触覚の素材などを用いて五感を刺激する、Well-beingを目的とした活動です。
その理念に基づいた環境設定の中スヌーズレンルームで利用者は誰からも指示されない特別な時間を過ごします。

この活動を室内で行う際は、光、音、におい、振動、触覚の素材等五感を優しく刺激するものを効果的に配置し、その部屋を““と呼びます。利用者はこの空間で、自ら好きな感覚を楽しみ、誰からも指示されない特別な時間を過ごします。
スヌーズレンは、ヨーロッパを中心にアロマセラピー、タッチングケア、音楽療法等の温かなケアが注目され始めた1980年代、それらを一つにまとめようという動きの中で発展してきました。
昨今では、その人にとって心地よい感覚認識を通じアプローチすることで、思考・感情・行動を変化させていくセラピー的なものとしても多く用いられています。

Sensory Roomの使用目的

現在ヨーロッパでは、

重い障害や病気がある人の余暇活動
精神障害者・発達障害児へのプレイセラピー
認知症の老人へのケア
心理的に不安定な人の情緒安定のため
自発性・コミュニケーション力を養う探索活動として
子どもたちがゆったりしたペースで過ごせる時空間として

このような使用目的でコミュニティセンターや保育園にも広がっており、日本でも様々な展開をしていけることが期待できます。

 

体験中の写真はfacebookページ、またはこちらからご覧いただけます。