Relax’Creation project

今後、スヌーズレンに関する情報は新サイト「スヌーズレン・ラボ」で公開していくことになりました!
ぜひブックマークなどよろしくお願いいたします!

Relax’Creation projectは、子どもたちのwell-beingをテーマに
Snoezelen(スヌーズレン)の理念及びSensory Roomの普及活動を行っています。

人格形成には、乳幼児期の育成環境が大きく影響を与えます。
しかし、昨今はその育成環境に変化が起き、子どもたちが心身のバランスを崩す原因に
繋がっていると言われています。
遊ぶ「時間」、「空間」、「仲間」の減少に加えて、現代は母親も父親と同じように
外で働くようになりました。つまり、子どもたちにとって一番身近な存在である母親の存在という
「人」の環境も変化してきていると言えます。
だからこそ、私たち母親が子どもと一緒に過ごす短い時間には、子どもにたっぷりと愛情を注げる環境
が必要になってきているのではないでしょうか。

Sensory Room(スヌーズレンルーム)の環境は、現代から失われている「ゆったりした時間」、
「安全な空間」の中で子どもたちの発達に必要な五感刺激を提供するだけでなく、
私達母親にも安らぎを与え、笑顔や気づきをもたらしてくれます。

現在、Sensory Roomは、発達障害を含む様々な困難を抱える子どもに対する大きな成果が
世界中で認められていますが、私たちRelax’Creation projectではそうしたお子さんだけでなく、
全ての子どもたちへ届けたいと考えています。

子どもたちと過ごす日常は時に色褪せても見えますが、二度と戻らない貴重な時間です。
そんな何気ない日々の生活に彩を加え、まるで映画のワンシーンのような幸せな親子の瞬間を
少しでも多く生み出してくことが私達Relax’Creation projectのミッションです。

文字通り、リラックスを創造したいという想いからつけました。
「x」は、アルファベットの「x」と、かけ算の「×」をかけています。

「医療」、「福祉」、「アート」、「技術」、「建築」・・・
様々な分野の人が興味を持つ要素を備えた【スヌーズレン】。
様々な分野の人にかけ算的に関わっていただき、子どもたちにとって、より良い環境を創造していきたいという想いをこめました。

Relax’Creation project 誕生の原点

私の中学時代に遡ります。
当時私には仲の良い友達がいました。可愛くて、頭も良くて、運動神経も抜群、友達もたくさん。
私から見ればパーフェクトだった彼女は、何の前触れもなく突然登校拒否になりました。

————————-その原因は「鬱病」。
彼女は、素晴らしい才能や素質を持ち合わせていることを実感できる心の状態ではなかったのです。
その彼女が幸せを実感できなかった原因は、親子関係にありました。
彼女の母親自身の精神が不安定だったために、良好な親子関係を築くことができず、
彼女自身も健全な自尊心を持ち合わせていなかったのです。

どんなに恵まれた素質を持っていても、傍にいる人との良好な人間関係を築くことができなかったり、
自分自身を愛せる状態になければ、幸せを感じることができないのだと初めて実感した出来事でした。

いじめ、鬱病、虐待、発達障がい。
この彼女だけでなく、今の日本には様々な理由で心身バランスを崩している子どもたちがたくさん存在します。
生まれ持った身体機能や家庭環境は変えることができませんが、思考や行動、傍にいる人の関わりという
後天的な環境を変えていくことで、こうした子どもたちはたくさんの幸せを感じて生きていけるチャンスを持つことができます。

人格形成に最も大切なのは、乳幼児期に「誰かに愛されている実感」を持つこと。
それは、生涯どんなに辛い状況に陥っても必ず前を向いていける力と
他者への思いやりを育むための基礎となります。

スヌーズレンは、そんな子どもたちの豊かな心を育むたくさんの可能性を秘めています。
Relax’Creation projectでは、その理念と共にこの活動を普及していきたいと思っています。

【Relax’Creation project 代表 橋本敦子】

【代表について】
1981年生まれ。中学時代、親友の不登校をきっかけに「人の心」と、親友の心を救った
「アートの世界」に興味を持つ。日本大学芸術学部卒業後、リトルスタジオインク(株)、
(株)NHKエデュケーショナルにて、幼児~高校生向け教育コンテンツ制作に従事。
仕事の傍らチャイルドカウンセラー養成学校を卒業、自治体の子どもいじめ相談員を兼任。
多方面から子どもに関わるうちに、乳幼児期の親子関係や安定した情緒形成を育むことの重要さを実感。
その改善方法を探る中で「スヌーズレン」と出合い、「子どもたちが過ごす施設に広めたい!!」と強く思うように。
2010年、2011年 スヌーズレンが普及するヨーロッパ各地で研修、講義受講。
2011年、内閣府地域社会雇用創造事業にスヌーズレン環境創造事業が採択され、法人化。
2012年 オランダworldwide snoezelenにてスヌーズレンコーチトレーニング修了。

プロフィール橋本